恋愛スイーツ > 失恋/復縁 > 失恋を乗り越えて深みのある女性へ。幸せになるためのポイント

失恋を乗り越えて深みのある女性へ。幸せになるためのポイント

shutterstock_180823796
失恋は恋愛をする上で、経験する確率が非常に高い出来事です。
「この人なら…」と思っていても、相手はそうは思っていなかったなどのすれ違いから簡単に起こってしまうのです。
 
この失恋で、特に悩み事を自分の内に秘めてしまう人は、精神的なダメージを引きずってしまい次の恋どころか恋愛を諦めてしまうことも。
 
手痛い失恋は「泣くだけ」「反省するだけ」「時間の経過」だけでは立ち直りことが難しいと思います。
 
そこで今回は失恋によって空いてしまった胸の穴を塞ぐためのポイントを紹介します。

現実逃避をせず事実を受け止める

失恋という事実を事実として受け止めることは、簡単に思えても実はとても難しいことです。
 
気持ちの整理はついても、ふとした瞬間に思い出してしまった時に「そんなこともあった」と思えるようになるまでには時間が掛かります。
 
そこで1日でも早く大切な人を失ったことを受け入れられるための方法を紹介します。
 
それは自分の中での考え方を変えるだけです。
失恋と言うとついつい相手若しくは自分を悪者に仕立てがちですが、その原因を追究しないことです。
 
過程はどうあれ、失恋してしまったという結果と戻れない関係になってしまったという事には変わりありませんので、思いっきり泣いて「しょうがなかった」という事にしておきましょう。
 
どうしても原因を追究したいときには、誰が悪かったではなく2人とも悪かったという事にすれば、次の恋ではもっと相手に優しくできることでしょう。

悲しみに明け暮れる姿を想像する

読者のみなさんは恋愛経験があり、勿論失恋経験もあるかと思います。
 
出会いと別れを繰り返し成長してきた皆さんの中で、「別れ」という経験は”淡い記憶”となっているのではないでしょうか?
 
人の記憶というものは基本的に、時間が経つにつれて薄くなり最終的には「良い感情」だった時の記憶だけが残るものです。
 
つまり、失恋による辛い苦しみも1年2年もっと経って10年も経てば殆ど忘れてしまうものです。
 
そしてこの想像をすることにより、そこに至るまでの過程も想像することになります。
 
失恋直後はこの世の終わりかと思うほどの絶望感がココロを支配しているかもしれませんが、その苦しみも長くは続きません。
 
自分を追い込むよりも、将来の可能性が出来たと気持ちを切り替えて楽しみましょう。

 

おわりに

失恋の立ち直り方は人それぞれです。
よってこれが確実という方法はありませんが”時の経過と共に記憶は薄れる”という事は事実です。
楽しかった思い出は思い出としてアルバムにしまいましょう。

カテゴリ :

失恋/復縁

タグ :

  • Twitter
  • Facebook