恋愛スイーツ > 恋愛トラブル > 重い≠一途。恋愛時の気持ちをコントロールする方法

重い≠一途。恋愛時の気持ちをコントロールする方法

shutterstock_163652687

これまで恋愛が長続きしなかった原因は自分が「一途になりすぎてしまう」ことだ、と思っている方に読んでほしいコラムです。
 
自分に素直でいることと、相手に誠実な態度で接することは同じではない方もいるかと思います。
 
そんなときは一度立ち止まってみましょう。

一途なのは決して悪いことではありません

二股をかけたりするような女性もいますが、一途な女性は悪いことではないのです。
 
問題はその”程度”ではないでしょうか。
男性は女性ほど結婚に対しての思い入れもありませんし、女性よりも男性のほうが浮気性かもしれません。
 
ですから「一途さ」も度を越してしまうと、彼にとって重くなってしまうのです。

なぜあなたは一途になりすぎてしまうのでしょう

例えば父親が家庭を顧みることがなかったり、ご両親が離婚をしているような家庭環境の場合、どうしても「自分はそうはならない」という気持ちが強くなってしまいます。
 
そして自分は好きな人には決してぶれないと思ってしまうこともあるかもしれません。
 
それはそれで仕方のないことですが、もしそのような家庭環境がある場合は、あまりそれを引きずらないほうが幸せになれるかもしれません。
親は親、あなたはあなたです。

追えば追うほど逃げることを自覚しましょう

男性は本能的に「逃げるものを追う」という習性があります。
 
冷たくされる女性を追いたくはなりますが、自分の方が追われることには慣れていません。
 
ですからあまりに追われるとかえって引いてしまうのです。そんな男性の心理をよく理解して、「追いすぎない」ことが大事です。
 
性格的な問題として、相手のことを好きであればあるだけ、あなたは普通の人よりも一途になりすぎてしまうのかもしれません。
 
せっかくそのことに気づいているのですから、そこをうまくコントロールしていきましょう。
 
一途なことが相手にプレッシャーを与えてしまうことを理解した上で、10のところを7くらいに抑えてみるのも一つの方法です。
 
もうちょっと押したいな、という手前でとどめておくと、きっと次の恋愛はうまくいきますよ。

カテゴリ :

恋愛トラブル

タグ :

  • Twitter
  • Facebook