恋愛スイーツ > 恋愛コラム > 恋愛することを押し付けてしまう「恋愛至上主義」とは?

恋愛することを押し付けてしまう「恋愛至上主義」とは?

shutterstock_199679255

恋愛至上主義にうんざりしている男女が増えています。
 
しかし、恋愛至上主義ではないからといって、恋愛をしないわけではありません。
 
恋愛至上主義を敬遠しすぎず、柔軟に対応してみましょう。

恋愛至上主義ってどんなもの?

生活のすべてを恋愛を軸に考え、恋愛をしない・結婚をしない他人を許容できず、恋愛することを押し付けてしまうような人のことを恋愛至上主義であるといいます。
 
なによりも第一に恋愛を基準に考え、他人の恋愛にも口を出すのが厄介です。
 
恋愛しないなんて信じられない!と、当然のことのように口に出してしまうタイプもいます。
 

恋愛至上主義の何がいけないの?

勘違いしてはいけないのが「恋愛至上主義であることが悪い」というわけではないということです。
 
恋愛大好きであるだけならば、何も問題はありません。
 
常に恋愛をしていたい恋愛肌であることも、別に悪いことではないのです。
 

では、何が問題になるのでしょうか。それは、価値観の「押し付け」です。
 
自分と違う考えの人がいる、ということに頭がいかなくなってしまい、無理に異性を紹介したり、恋愛のすばらしさを説いたり。
 
相手の気持ちを考えず、恋愛のことしか考えていない、それが恋愛至上主義の悪いところなのです。
 

かたくなになりすぎないで

自分は恋愛至上主義が苦手だ、という人も当然いると思います。
世の中の恋愛至上主義な風潮にうんざりしているということも考えられるでしょう。
 
しかし、頭から恋愛をすることのすべてを否定するのはもったいないです。
本当のチャンスを逃してしまうことになるかもしれません。
 
無理に恋愛をする必要はありませんが、チャンスが来たら恋愛にチャレンジしてみよう、くらいの心持でいるといいですよ。

カテゴリ :

恋愛コラム

タグ :

  • Twitter
  • Facebook