恋愛スイーツ > 恋愛コラム > 恋敵を貶めても自分の株は上がらない!可愛くない女子特集

恋敵を貶めても自分の株は上がらない!可愛くない女子特集

shutterstock_162886229

男性は基本的に女性を可愛い存在として認識しています。
そこに個性が加わりあなたという個人を捉えていますが、一方で「何を考えているか分からない」と思っているようです。
 
嫉妬は女性の特権でもある感情。裏の顔も含めてのあなたです。
この感情をよく理解して男性に可愛く思われましょう。

女性の方が面食い!?

男は結局美人が好き、スタイルが良い女性がモテるというフレーズを女性の間ではよく用いられます。
 
この言葉は「男子は外見だけで選んで、私たち女性はしっかりと中身を見ている」という意味を含んでいるように聞こえます。
 
本当にそうでしょうか?
確かに見た目が良い人は男女問わず人に囲まれています。
 
それが当人の外見のみで集まっているのなら、すぐにそこが知れてしまい人に好かれることはありません。
内面も整っているからこそ人に好かれるのです。
 
外見を理由に同じ土俵に上がらないという事を女性によく感じます。
人の好みは人それぞれですので、外見を理由に逃げることは辞めましょう。
 
あなたのことが気になる男性が現れても「私なんて…」なんて言っていると面倒くさい女になってしまいますよ

流行に乗りたがる女性は可愛くない

ファッションでも何でも、流行に敏感な人は女性の方が多いでしょう。
 
今年はこの服が流行っているからと話題のアイテムで揃えて、流行していないものを身に着けている人には「ダサい」というレッテルを張る。
 
一方男性は着たいものを着る、流行が終わっても気に入っているアイテムなら着続けると言ったように、流行遅れという概念は余りありません。
 
皆と同じようなものを用意して好み身に着ける。これによって安心感を得るのが女性で、自分らしさを演出するために好きなものだけを着るのが男性。
 
このことでも分かるように女性は見た目に敏感です。
人の目を気にすることで、人に執着して持たなくてもいい感情が芽生えてくるのです。
 
情報に踊らされないように、自分らしさを持ちましょう。

比較する女子は可愛くない

芸能人でもすれ違った人でも、気になる男性が「あの人可愛い」と言うと「は!?」と思う人は多いのではないでしょうか?
 
男性の可愛いには好意は含まれておらず、何気ない一言です。
それに対して「でも性格悪いよ」とかを言ってしまうのはNGです。
 
そんなことを言う人は男性の中では腹黒い女子です。
 
逆に女性がすれ違った女性に対して「今の人可愛かった」と言う事も要注意です。
常に周りを品定めしている計算高い人と考えられてしまう野で、横並びの精神から脱出して自分らしさを目指しましょう!

カテゴリ :

恋愛コラム

タグ :

  • Twitter
  • Facebook