恋愛スイーツ > 恋愛トラブル > 気持ちがこもってない!?男性からの返信がそっけない理由

気持ちがこもってない!?男性からの返信がそっけない理由

shutterstock_176869352

男性特有の一言返信に物足りなさや寂しさを感じたことがありませんか?
 
「この人は私に興味ないのかな?」と思う前に、男性の気持ちを理解してあげるのが先です!
 
今回はメールにおける男性心理を解説しますので参考にしてください。

意思疎通の手段として捉えていない

よくある「了解」「分かった」「よろしく」だけの一言メール。
 
女性としてはもっと話を広げて、色々なことを知りたいし知ってほしいですよね。
 
しかし男性はメールをコミュニケーションツールとしてではなく、連絡事項を伝える手段としてでしか考えていないようです。
 
どんなに長文を送ったり、画像を送っても素っ気ない返信しか来ない相手にはコチラも端的な文章で返信をしましょう。
 
こういった相手にはメールで評価が上下することはありません。

返信速度を重視しているから

LINEの普及で相手が送信文を読んだかが知れてしまうようになり、男性心理として「返信速度」を重視するようです。
 
更に、好意を持っている女性とのメールの時間が待ち遠しいということも分かっているので相手もそうだろうと1秒でも早く返事をしたいという心理も働いています。
 
こういった場合は文章の装飾よりもテンポを重視しましょう。
テンポ感が合う相手には気軽にメールをしやすいと思って貰えるでしょう。

長文を送って面倒臭がられたくない

文章を書きなれていない人は長文になるほど冗長になりがちです。
読む方も書く方も労力を使いますし、そんな気持ちでは気持ちよくコミュニケーションを取ることもできません。
 
だからこその短文を送ってくるのでしょう。
こういった相手には、こちらから質問を投げかけつつ興味があることをアピールするといいでしょう。
 
普段より長い分が返ってきたら一歩前進です。

メールを続けたくないから

これは要注意です。好意を持っている男性が自分の事をこう思っていると知ったら悲しすぎます。
 
普段の仕事でもメールを使っているので、長々とメールを続けることが苦痛な男性も一定数いるようです。
 
相手に面倒くさいと思われない為には、ストレートに「メールが苦手?」と聞いてしまうのが一番です。
 
嫌いと答えられれば、別のコミュニケーションツールを提案するなど腹案を考えましょう。

 

おわりに

何処にいてもコミュニケーションを取れるのがメールです。
だからこそ相手のことを思いやることで関係が発展しやすくなります。
たった1通の返信に一喜一憂せずに辛抱強く取り組んでいきましょう。

カテゴリ :

恋愛トラブル

タグ :

  • Twitter
  • Facebook