恋愛スイーツ > カップル > 3年目が運命の分かれ目!?マンネリ化してしまう理由。

3年目が運命の分かれ目!?マンネリ化してしまう理由。

shutterstock_145800854

読者の方は、これまでの恋愛がどのくらいの期間続きましたか?筆者の周りでは3年を目安に関係がマンネリ化して破局している人が多いです。
 
私の周りだけではなく、他のカップルも3年というタイミングで終わりを迎えた方が比較的多いようです。
つまり交際相手と結婚をしたいとなると、この「3年目」をどのようにしてマンネリ化せずに乗り越えるかがカギになります。
 
今回は「3年でマンネリ化する理由」を紹介しますので、この壁を乗り越えて結婚という幸せをつかみ取りましょう!

3年も経つとお互いが変わってしまう。

付き合う前は気も遣ってくれて優しく思えた彼が、今となってはただのグータラに…。という当人の変化。転職や転勤によるライフスタイルの変化。などなど、3年もの時間があれば2人を取り巻く環境は大きく変わります。
 
交際当初は相手に夢中ということもあり合わせることも苦ではありませんが、関係が落ち着いた頃だと、様々な変化を受け入れることが出来ずにストレスがたまる、なんてことがあります。
 
付き合いが長期になっても「当たり前の存在」だとは思わずに、「失ってしまう存在」と思って、2人の今と将来を大切に思う心構えを持ちましょう。

外見上の変化が起きる。

社会人をしていると、なかなか運動する機会がなくポッコリお腹になってきたり、少し動いただけでも筋肉痛になったりします。また3年も経てば老けて見えることもあります。
 
特に男性は女性にビジュアルを求める生き物なので、大きな変化でなくとも浮気心が芽生えてくるようです。
 
女性はキレイでいるための努力を怠らずに、男性は「男らしい」という言葉のように健康的な生活を心がけ3年目の壁を乗り越えられるように準備をしましょう。

お互いのことを知り尽くしてしまう。

交際当初のトキメキは3年も経てば失われてしまいます。それは相手のことを知りたいという欲求を満たしてしまったからです。
 
会話やデートがマンネリ化して飽きがきてしまう。これはもう黄金パターンです。いつまでもトキメキを感じさせることは難しいですが、相手を満足させない方法はあります。
 
それは、どんなに親密な関係を気づこうとも彼の入り込めない自分の世界を維持することです。それが趣味であっても、交友関係であってもミステリアスな部分がある女性に男性は惹かれるものです。
 

最後に…。

いかがでしたか?
マンネリ化して失ってから「大切だった」と思ってももう遅いのです。
今、手元に幸せがあるのですからそれを大事にしていきましょう。

カテゴリ :

カップル

タグ :

  • Twitter
  • Facebook