恋愛スイーツ > 恋愛トラブル > 疑う事は疑われてもいいということ。携帯チェックで心がけること

疑う事は疑われてもいいということ。携帯チェックで心がけること

shutterstock_256770721

最近ではスマートフォンが普及してきたことから、連絡手段が非常に多岐に渡っています。
 
一昔前、ガラケーの時代であれば電話とメールというシンプルな機能でしたので、彼や夫に内緒でやり取りをしていても、証拠を消してしまえば不自然さが残り、簡単に疑われてしまったでしょう。
 
しかし、現在ではアプリが多数あるので、それさえ隠せてしまえば問題なし!と思っている人もいるでしょう。
 
自分が隠す側であればいいのですが、普段の振る舞いから疑う側になると、さあ大変。
 
闇雲に探しても見つかる訳もなく、それでも「とりあえず」見たいと思う女性は20歳代に多いようです。
 
今回は携帯チェックをする際に気をつけることを紹介します。

携帯はプライバシーの塊

携帯は個人間のやり取りに始まり連絡先や写真・動画など、プライバシーの塊です。
 
もし仕事でも使っている携帯の場合、部外秘の情報だったり、取引先とのやり取りが入っていることもありますので、盗み見をすることは避けた方がいいでしょう。
 
携帯を見るという事は相手を「疑っている」と宣言していることと同義です。
誠実な付き合いを望んでいるのであれば、不信感を抱くような行動は避けるべきでしょう。

携帯を抵抗なく見せる人について

不信感から「携帯を見せて欲しい」とは言わないでも、見せてくれる人もたまにいます。
 
「そこまで言うなら、携帯でもPCでも見てくれ」というように、プライバシーの塊を見てくれという人はどう思って差し出したのでしょうか?
 
やましいことはない?
証拠はすべて消してあるから大丈夫?
 
実は違うのです。
携帯を見せた相手に対して「疑われる事に対して面倒くさい」という気持ちをもっている人が殆どです。
 
それなら携帯を差し出せば、難なく解決が出来ますし、それで関係がどうなってしまったって構わないとすら思ってしまうようです。
 
隠れてみても、見せてもらえても、見せてもらったことに対して何のフォローもしないと、自然消滅や突然の破局を迎えることになりますよ?

カテゴリ :

恋愛トラブル

タグ :

  • Twitter
  • Facebook