恋愛スイーツ > 恋愛トラブル > ケンカ中にしてはいけない事4選。

ケンカ中にしてはいけない事4選。

shutterstock_137653586

どんな仲良しカップルでも経験するケンカ。
 
最中は激しい怒りが伴いますが、理解し合うことができれば、愛をさらに深めることが出来ます。
 
しかし、行動を間違えると破局へまっしぐら……。こうならないために、ケンカ後のNG言動について紹介します。

彼の仕打ちをまわりに話す

「彼がこんなこと言ってきてさ~!」怒りで頭がいっぱいになるとそれを友人や家族に話したくなる気持ちはわかります。
 
しかし今後も付き合いを続けていくつもりであればこれはダメ。
 
数日後にあなたが彼と仲直りしたとしても、愚痴を聞いて知まった人の“彼への悪印象“は消えません。
 
祝福される2人でいるためにも、2人の事は周りに話さないことをおススメします。

時間を掛け過ぎる

「なにもしなくても時間が解決してくれる」と問題を寝かせておくのは危険。
 
解決までの時間が長くなればなるほど、相手の悪いところを思い出して、長期戦になってしまう恐れあり。
 
「時間が解決してくれる」は甘えですが、「時間を掛けなきゃ解決できないこともある」
 
「鉄は熱いうちに打て!」といいますが、熱すぎると怪我をしてしまいます。
早めの解決を意識しつつも、タイミングを見図ることこそが、2人の関係を前進させてくれるはず。

謝罪を受け入れない

相手を許すのは難しいこと。
 
しかしいつまでも許さないということはケンカは長引き、2人の関係は悪くる一方ですよね。
 
そのうち、ケンカを抜きにして、気まずくなって破局にもなりかねません。
 
心底反省しているという場合には、寛大な心で謝罪を受け入れてあげましょう。

駆け引きとしての「別れる」宣言

気に入らないからと“別れ”を出してしまうのはNG!
 
問題を放棄し、脅して「力」で制圧しようとしても、なんの解決にもなりません。
 
彼との関係を続ける気があるのなら、別れるなどの言葉は絶対に出さないようにしましょう。
 
一度発してしまった言葉を取り消すことはできません。
感情的になるなとは言いませんが、お互いのことを考えた話し合いができるように心がけましょう。

カテゴリ :

恋愛トラブル

タグ :

  • Twitter
  • Facebook