恋愛スイーツ > 婚約/結婚 > 結婚式に対する意見の食い違いを解決する3つのポイント

結婚式に対する意見の食い違いを解決する3つのポイント

結婚式に対する意識
結婚式といえばウェディングドレスを身にまとい、盛大な披露宴を思い浮かべる方も多いと思いますが、最近は入籍だけですませるカップルも増えてきましたよね。けれどもし、彼は結婚式を挙げたくないと拒み、一方のあなたが「どうして
もウェディングドレスを着たい!だから絶対に結婚式を挙げたい」という場合はどうしたらいいでしょうか。

結婚式を挙げたくない理由を検証する

 

理由を知ることが一番の解決策です。

 
結婚式を挙げなかったカップルに対するアンケート調査によれば、一番の理由は金銭的なもので、「お金がかかるから」というのがトップになっています。

確かに、たった一日のために数百万もの出費をするなら、その分のお金を新生活に使いたいという気持はわかります。

でも結婚は二人のもの。お互い、歩み寄れるギリギリのところで妥協点を探しましょう。
 

もし彼も金銭的なことを理由にしているのであれば、どのくらいの予算なら式を挙げてもいいと考えているのか、具体的な数字を示してもらいましょう。

今はお金をかけずに式を挙げる方法はいくらでもありますから、その予算に応じて、さまざまなスタイルを提案するといいですね。

立食パーティーなど、予算に応じたプランも充実していますから、できるだけ多くのデータを入手することです。

 

実は彼のコンプレックスも隠れているので注意が必要

結婚式や披露宴で一番問題になるのは、どのくらいの人数を呼ぶかということです。

育った環境が違えば、呼ぶ人数に差が出ることはあるでしょう。
けれどあまりに差がありすぎると、それを理由に結婚式を挙げたくない、となってしまいます。
 

一例をあげるなら、彼のご両親は親戚づきあいをあまり好まないのに対して、あなたのご両親は親戚づきあいをたいせつにするという場合。

そして彼は、式に呼べるような友人が少ないのに対して、あなたにはたくさんの友人がいる、という場合です。

これらは結婚式に対する意見の食い違いが生じた時によく起こる問題です。

このような場合だと、彼の中に少なからずコンプレックスになる部分も隠されていますので、そこはあまり深追いせず、あなたの方から「両親と友達数人だけ」という提案をしてみてはいかがでしょうか。

 

チョー恥ずかしがり屋の彼をどうやってその気にさせる?

金銭的なことや呼ぶ人数が問題なら、妥協点はあります。だってお金は二人で貯めればいいし、呼ぶ人数なら調整すればいいのですから。

でも恥ずかしくて人前に立つのが嫌という場合はお手上げですよね。だって恥ずかしがり屋の性格は直せませんし、人前に立ってくれなければ結婚式は挙げられません。

そんな時は試着付きのブライダルフェアに出向いてみてはいかがでしょうか。
何度か足を運ぶうちに理想のスタイルを見つける可能性も高く、頭で思い描いた固定観念にとらわれなくなります。

 
また海外で二人だけの結婚式というのもステキですよ。

彼が行きたい海外を聞き出し、「じゃあ、ついでにそこで式を挙げちゃおうか!」と、新婚旅行も兼ねたプランを提示してはいかがでしょうか。

 
これ以外にもレストランやゲストハウスを借りてパーティー形式にするなど、従来の結婚式に抵抗を持つ男性でも、形式にとらわれない自由な発想なら乗り気になる可能性は大です。

またオリジナルの結婚式にすれば、主役の立場に抵抗がある照れ屋の彼も、企画者の役割を担うので、恥ずかしさは半減するのではないでしょうか。

 
上記で触れたアンケート調査の中でも、「最初は結婚式をしたくないと思ったけど、やはり挙げてよかった」という回答は85%にも及びます。
ぜひ一生の思い出になるような、ステキな結婚式を実現してくださいね。

Copyright(c) 2015- 恋愛スイーツ All Rights Reserved.