恋愛スイーツ > カップル > 彼氏とケンカ!喧嘩の冷却期間にしておきたいこと

彼氏とケンカ!喧嘩の冷却期間にしておきたいこと

喧嘩のあとの仲直り
彼氏と喧嘩をした時に、冷静になるためにしばらく冷却期間を持つことは大切です。ただ、そのまま「別れよう」なんてことになっても困りますから、ある程度短い期間で気持ちの切り替えが必要となってきます。ここでは、スッキリした気持ちでまた彼と楽しく付き合いを再開するために、喧嘩をした時の冷却期間中に行っておきたいことを3つ挙げます。

気持ちを書き出してみる

ぐちゃぐちゃした気持ちを、一度ノートでもチラシの裏でもなんでもいいので書きなぐってみましょう。自分が彼の行動や言葉でどんな気持ちになったのか、自分がしてしまったことの反省や、やるせない気持ちなど。書きなぐってスッキリしてくると、これからどうしたいかが見えてきます。
 
誰かに相談するでもいいですし、彼への言いたい放題のメールを彼へと送らずに自分に送信してみたりするのもおススメです。とにかく気持ちを吐き出してしまいましょう。

仲直りの時期を決める

少し落ち着いたら、冷却期間をいつ終わらせるか期間を決めましょう。そしてその時までには、気持ちに区切りをつけて、彼に連絡をとると決めましょう。彼にも時間が必要な場合もありますが、5日しないうちには連絡を入れたいものです。

謝れるところは謝って、あとは水に流す

喧嘩を後に引きずっていても、何もいいことはありません。たとえ彼が悪かった場合の喧嘩だとしても、自分で反省できるところは謝って、彼と仲直りし、その後はできるだけ何もなかったように過ごせれば彼も安心して元のように接してくるはずです。
 
いかがでしたでしょうか。
 
末永く仲良く一緒にいるために必要なのは、我慢ではなく、ぶつかり合いながらもお互いに譲歩し、寄り添う努力です。そのためには喧嘩もするけれど、うまく冷却期間を使って、お互いが落ち着けるような関係になることがうまくいく秘訣と言えそうです。

カテゴリ :

カップル

タグ :

  • Twitter
  • Facebook