恋愛スイーツ > 恋愛コラム > 恋愛対象外になる一言を使っていませんか?

恋愛対象外になる一言を使っていませんか?

shutterstock_145800854

男性から遊びに誘われた時に、絶対に言ってはいけないワードというものがあります。
 
それを言ってしまうと、男性のテンションが下がるばかりでなく、「恋愛対象外」と思われてしまうのです。
 
そこで今回はその一言「他に誰を誘う?」の解説をしたいと思います。

無駄に落ち込ませてしまう

もし男性に下心がなく、純粋に友達としてあなたを見ていた場合、この一言で彼のテンションはガタ落ちしてしまいます。
 
「そんな風に思われていたんだ」「あなたは恋愛対象外」と言われているようにも取れ、友達としてみていたのに、実際は友達ですらなかったとも思われてしまいます。
 
誘われて他に誰か誘いたいと思うのであれば、返事をした後に「他に誰がいるの?」とさりげなく聞いてみましょう。

言葉を深読みするのが男性

「他に誰を誘う?」という言葉は女性側からしてみると悪意のない何気ない一言。
 
しかし男性は「言葉の裏」があるのではないかと勘ぐっては勝手に落ち込んでしまう生き物。
 
傷つけるつもりもなく、友人と思っている人が相手であっても、このタイミングでは使うべき言葉ではないようです。
 
もし恋愛対象外という風に伝えたいのであれば、別のタイミングで伝えるようにしないと、気になる人が現れた時にも言ってしまうかも…

対象から外される

男女関係というのは薄くても濃くても恋愛が関係してきます。
 
もし友達と思っている相手で、恋愛とは違う意味で好きだから関係が継続しているのが異性の友達であって、出会いのタイミングが違えば恋人関係になっていたかもしれません。
 
そういった相手が「今は」友達になっているのであって、それは誰もが無意識化で感じているはずです。
 
「他に誰を誘う?」と言う側の思考は、もう何人かいれば「もっと」楽しいかも、「2人では場が持たない、緊張する」なんてパターンが多いかと思います。
 
けれども、どれだけ慎重に言葉を選んでも参加人数を真っ先に気にするような女性は男性から恋愛対象外と思われますので気をつけましょう。
 
話の流れのなかであれば、他に誰かを誘うのは問題ありませんが、二人きりを避けるような言動は出会いを逃すばかりでなく、出会いを遠ざける結果になるかもしれませんよ。

カテゴリ :

恋愛コラム

タグ :

  • Twitter
  • Facebook